つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2009年10月3日土曜日 朝~夜

JAZZを聴く犬

まゆです。こんにちは。

今日はボケ写真から。ごめんなさい・・・

091003-1

今朝のお散歩もいつもの草むら。
途中、タクシー会社の前を通りかかったら、ハスキーおじさんに声をかけられました。

091003-2

でも、夕べうんぴーをしていなかったリュウは、おじさんの方へは見向きもせず。
とっとと歩いていってしまい、おじさんをがっかりさせていました。

091003-3

途中でヤマトちゃんとすれ違いました。
ガードレールの向こう側にいたヤマトちゃん、リュウのところで1回、それから私のところで1回、写真のようにガードレールにつかまり立ちして顔を出してくれました。

091003-4

草むらにやってくると、すぐさまうんぴー場所を探し始めました。

091003-5

お腹がすっきりしたリュウは、どこへも行かずに草むらに突っ立って、しばらくボーっとしていました。

091003-6

しばらく様子を見ていたのですが、これはまたお友達が来るのを待っているような感じがしたので、「リュウ、ここで待っているより小さい公園に行ってみない?誰かいるかもよ」と言うと、ようやく歩き出してくれました。

遊歩道を出たところで小さい公園からケンちゃんが出てきました。

ほらね~!お友達がいたでしょう!

091003-7

ケンちゃんとのご挨拶が済むと、ケンちゃんはそのまま郵便局通りをおうちの方へ歩き出しました。
小さい公園へ行こうとしていたのですが、リュウはケンちゃんの後ろ姿をじっと見つめています。

「どうする?小さい公園に行く?それともケンちゃんの方に行く?」と聞いて、リュウが歩き出すのをしばらく待っていました。
さっきすれ違ったヤマトちゃんが小さい公園に入っていきました。

「ほら、公園にヤマトちゃんもいるよ」と言ったのですが、リュウはケンちゃんの方へ行くことにしたようです。
後ろからくっつくように歩いていきました。

しばらくすると向こうからアメリちゃんがやってきました。
アメリちゃん、男ふたりにたかられて、ちょっと大変そう。
特にリュウがしつこく、しつこく、匂いを嗅ぎまくっていました。
もしかして女の子の季節?

091003-8

一旦離れたのに、また匂いを嗅ぎにいってるし!

091003-9

アメリちゃんと別れたあと、しばらくケンちゃんと一緒に歩いていたのですが、途中、凛ちゃん通りまでやってくると、リュウはそこを曲がると言ってケンちゃんとはバイバイしました。

091003-10

マンションの入口まで戻ってくると、どうやら引越しをした部屋の内装修理があるらしく、職人さんが準備をしていました。
リュウは見慣れない人や道具があるので、気になって仕方ないようで、ロビーに入ってからもしばらくポーチの方を覗いて見ていました。

091003-11

朝ごはんを食べ終わると、クッションで割合本格的に寝てしまっていましたが・・・
そんなに疲れているの?

091003-12

今日は夜、私のピアノの師匠の森田潔さんのプロ生活30周年記念ライブがあるので、輝さん(実家の母)と友人と3人で聴きにいくことになっていました。
輝さんがお昼ごろに到着するというので、一緒にランチを食べる予定。

というわけで、リュウ、またしてもお留守番でごめんね・・・

091003-13

ご褒美のおやつは「桜姫鶏ムネ肉ジャーキー」というものです。
1枚の1/3くらいをあげました。

さて、ライブはもーもー、興奮、大興奮で非常に楽しかったです。
森田さんからは「ゲストがいっぱい来ることになっちゃって」と聞いてはいたのですが、そのゲストの豪華なこと!

特に豪華だったのは最後の最後に出ていらしたお三方なのですが、まずはアルトサックスの五十嵐明要さん。森田さんは五十嵐さんのことを「この人、おばけです」と紹介していましたが、確かに。1932年生まれということは、今年77歳。なのにまだバリバリサックス吹いてますし、そんなお歳に見えません。
五十嵐さん、「森田さんはね、僕の女房でね。この人のお陰で、今が幸せなんです」とおっしゃっていました。

次に出ていらしたのが、バリトンサックスの原田忠幸さん。
昔ながらのジャズファンでしたら、知らない人はいない、ジャズファンでなくてもある程度の年齢の方は、お顔ぐらいはご存知では?というくらいの大御所。
フランク・シナトラが来日したときには、フォーンセクションには必ずこの方がいた、という腕前。
森田さんは原田さんのことも「この人もおばけで」と紹介していましたが、73歳?嘘でしょ?と、本当におばけ振りを発揮していました。
何しろバリトンサックスを吹く姿の格好いいこと!

お三方の最後は原田さんのお兄様でドラムスの原田イサムさんでした。もう、太鼓叩くのが楽しくてたまらないという感じで、ジャズをよく知らない人までノリノリにさせてしまう素晴らしさ。
共演したことのある外国人ミュージシャンを見ると、「誰、これ?」という人がひとりもいないという・・・。
かつては日本にも幸せなジャズの時代があったんだなあ、とつくづく。

それにしても私の師匠はすごい人でした。今更ながら改めてそう思った夜でありました。

犬の話とは全く関係のないジャズの話が長くなりました・・・すみません汗

さてリュウはと言えば、帰宅したつよさんと一緒にお散歩に出掛けたようです。

091003-14

上の写真で鼻が膨らんでいる上に、下の写真ではリードをくわえています。
どちらも嬉しいときにする仕草。

091003-15

行った先は・・・草むらかな?
どこ?これ。

091003-16

ライブが終わって輝さんと帰宅すると、リュウがひとり出迎えてくれました。

今日も枕に顔を押し当てて、ちょっと甘えん坊ちゃんなリュウ。

091003-17

うちでは私もヘタクソながらピアノを弾くし、勉強も兼ねてCDもよく聴くので、何気にリュウはJAZZをよくよく聴いている部類の犬かもしれません。
ライブハウスで生で聴けないのが残念だけれどね!




スポンサーサイト
  1. 2009/10/03(土) 23:12:02|
  2. 家族とのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<2009年10月4日日曜日 朝~夜 | ホーム | 2009年10月2日金曜日 朝~夜>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2009/10/13(火) 06:11:57 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu020303.blog19.fc2.com/tb.php/868-97497d88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。