つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

2009年10月4日日曜日 朝~夜

でこぼこコンビ

まゆです。こんにちは。

今朝はいつもよりちょっぴり早く、お散歩に出掛けました。

091004-1

飽きもせず、今日も遊歩道に向かったリュウ。

091004-2

草むらへ行ったら、すっかり草が刈り取られていてちょっとびっくりしました。
リュウはうんぴーのあと、お得意のぼんやりタイム。

091004-3

小さい公園へ誘ったら、今日はすんなり行ったのですが・・・

091004-4

丘の草むらの上で嬉しそうな笑顔になり走ったのですが、ほんの一瞬でそのあとはやっぱりボーっとしています。

091004-5

今日も東屋におじさんがいました。
今日は寝ておらず、ベンチに座っていましたが。
でも、これからどんどん寒くなるのに、どうするんだろう・・・

091004-6

リュウは丘の草むらでしばらくぼんやりタイムを過ごすと、そろそろと歩き出して小さい公園を出て、郵便局通りを歩いていきました。
そこから途中のブルーベリー畑の脇の道に入っていったのですが、このあいだ通ったときにひっくり返っていた蛙のことを思い出し、私は恐る恐る歩いていました。

091004-7

「まゆさん、こわがりです」
091004-8

そうなのよ~汗
私は怖がりだし、小心者だし、ダメなのよ~!

タクシー会社の前の通りに出ると、家の方に向かって歩き出したのですが、途中でシュナちゃんに行き会いました。
シュナちゃんのパパさんが、朝の日課のドリンクを飲んでいるところだったので、そのあいだ少し立ち話。
息子さんにお子さんがお生まれになったそうで、リュウくんというんですって!
正しくは「りゅうたろうくん」だそうですが。

「昨日、赤ちゃんのことでお嫁さんと喧嘩しちゃったよ」とシュナちゃんのパパさん。
お嫁さんが猫ちゃんをとってもかわいがって飼っているのだけれど、赤ちゃんを引っ掻いたりしないかと、パパさんはそれが心配で心配でたまらないそう。
お嫁さんには「そんなこと、しません!」と言われたそうですが、「でもね、飼い主たちが時々引っ掻かれてるんだよ。心配だよ」と、やっぱりまだまだ心配のご様子。

091004-9

リュウはシュナちゃんのパパさんと私が話をしているあいだ、すぐ脇のマンションのお庭の中に入り込んでいました。
どんどん奥へ行こうとするのを呼び戻したところ。

091004-10

パパさんがドリンクを飲み終わったので、ここでシュナちゃんとはバイバイしました。

091004-11

でも、すぐそこがタクシー会社だったので、今度はハスキーおじさんに呼び止められました。
リュウったら、ハスキーおじさんに撫でられながらも、キョロキョロとあたりを見ているので、ハスキーおじさんが「シマちゃんのこと探してるんだな。くう~」って、ちょっと悔しそうでした。
シマおじさんは夕べマージャンだったから、今日はきっと遅いよ、って。

091004-12

帰ってきたときにはつよさんがまだいて朝ごはんを食べていたので、リュウはちょっと嬉しそうでした。
でも、すぐに仕事に出掛けてしまうと、リュウはクッションの上にちょこんと腹這いになっていました。
夕べ輝さんが泊まったので、なんだかいつもと違う感じなのか、リュウ自身もいつもとちょっと違う様子をしていました。
どこがどう違うって言えないんですが・・・

091004-13

輝さんと朝ごはんを食べていると、さっさと自分のごはんを食べ終えたリュウが、なんちゃってトトロをくわえて和室へ行き、投げたり転がしたりして、ひとり遊びを始めました。

091004-14

さてさて、今月は外での仕事がちょっとイレギュラーなシフトになっていて、今日もまた行かなければなりません。
このところ、ちょっと長めのお留守番が続いていたので、今日は輝さんが帰る時間までリュウと一緒にいてくれることになりました。
お留守番がなくなるわけではないけれど、多少なりとも時間が短くなるのは、とってもありがたいことです。

091004-15

リュウ、しばらく輝さんとふたりだから、仲良くしてね。

091004-16

それでもやっぱり気になって、仕事場でも「そろそろひとりになった頃だな。リュウ、何をしているのかな?」などと考えていました。

私より帰宅が早かったつよさんがリュウをお散歩に連れて行ってくれました。
リュウ、とっても嬉しそうね。

091004-17

草むらへ行って、無事にうんぴーも終了。

091004-18

つよさん、またよくわけのわからない、アクロバティックな写真の撮り方をしたようです。
なぜ撮影者のつよさんの脚が写っているの???

リュウは歩きながらニコニコしていますね。

091004-19

ところがリュウはマンションの入口まで戻ってきたのに、なかなか中に入っていこうとせず、少しして突然ゲボをしてしまったそうです。
う~ん・・・
やっぱり、このところお留守番続きだったのがいけなかったのかな・・・

つよさんが玄関のお掃除を済ませて中に入ろうとすると、リュウが私のことを迎えに行くとリードを引っ張って仕方ないといって、電話がかかってきました。
ちょうど商店街に差し掛かるあたりにいたので、いつもの公園で待ち合わせ。
つよさんは「キミが帰ってくる時間だってわかってるのかな」とちょっと不思議そうでしたが、リュウにはきっとわかっていたのよね。

3人で仲良く公園から家に向かい、今日は裏口のある駐輪場を通ったのですが、どういうわけか今まで一度も駐輪場には興味を示さなかったリュウが、クンクンしながらどんどん奥の方へ引っ張っていきました。

091004-20

しばらくクンクンしたところで呼ぶと、リュウはすっ飛んできましたよ。

091004-21

どうやら具合が悪いわけではなさそう。よかった。

091004-22

それどころかごはんをしっかり平らげて、アイスクリームを食べていた私たちに張り付いてきました。

「2回だけ舐めていいよ」って言ったのに、リュウったらかじってる~!!!

091004-23

もーだめ、もうだめーっ!
ってことで、食べ終わったあとの棒を舐めさせてもらったリュウ。
それでも満足そうな顔をしています。

091004-24

携帯のカメラで撮っているので、リュウが少しでも動くとすぐに画像がブレてしまうんです汗
見苦しくてごめんなさい。

つよさんに、昼間は輝さんとリュウとふたりでお留守番してもらった話をしました。
「ふたりで何やってたのかしら・・・」と言うと、つよさんはぷっと吹き出すような感じで「ホントに」と言いました。
輝さんとリュウのコンビって、なんて言うのか、でこぼこコンビっていう感じなのよね。
本当にふたりでどう過ごしていたのか、見てみたかったな・・・

つよさんがアラームセットのために音を選んでいるときに、リュウは音が鳴るたびにまた首を傾げながら聴いていました。

091004-25

そして今日はつよさんの向こう側に陣取ったリュウ。
というより、つよさんが真ん中に堂々と寝すぎていて、そこしか場所がなかったのよね・・・

091004-26

でも、私が寝る頃にはふたりともいつもの場所に落ち着いていました。
寝相の悪いつよさんと一緒に寝るのって、リュウにとってもくたびれるんじゃないかと思うのですが、それでもいつもつよさんの横を選ぶリュウなのです。





スポンサーサイト
  1. 2009/10/04(日) 23:22:27|
  2. 健康の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2009年10月5日月曜日 朝~夜 | ホーム | 2009年10月3日土曜日 朝~夜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu020303.blog19.fc2.com/tb.php/869-e13a84fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)