つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

2008年7月2日水曜日 朝

不審な音

夕べは夜更かしをせずに早く寝て、朝2時半起きをして仕事の続きに着手したまゆです。こんにちは。

いいと言うのに、リュウも早くから起きてきてしまいました。
080702-1


そして、お散歩の時間になるまで、ず~っと寝ていましたよ。
寝てるんだから、寝室のお布団で寝ればいいのに。

「zzz~」
080702-2


お散歩も、いつもより少し早い時間に出てみました。
本当は毎朝4時のお散歩、というのが憧れなのです。
なんだか、空気が全然違う気がして。
それに、そんな早朝のお散歩なんて、今の季節だからこそですし。

「おさんぽ、行くです」
080702-3


でも、今日のお散歩タイムは5時でした。
いつものように遊歩道を通って、大きい公園に向かって歩いたのですが、遊歩道で、リュウはいつになく草を食べようとしていました。

080702-4


うちに来たばかりの頃、お散歩のときに草を食べて、そのあと少し吐いたことがあり、リュウを保護してくださった703号室のハハさまに報告したところ、吐くのは体力を消耗するし、あまり吐かせない方がいい、というお医者さまのアドバイスをお伝えくださいました。
それに、この付近はないようですが、でも、除草剤をまいていたりしたら怖いし、他のわんちゃんのおしっこがかかっていたりして、何かよくない病気がうつっても困るし・・・と、私もその後は草を食べさせないようにしていました。
なので、今日も「リュウ、だめよ」と言って、そのたびに引っ張って歩いていました。

大きい公園に着いて、今日もぐるりを一周する道を歩き始めたリュウ。道の端へ行っては、草を探して食べようとしています。
リュウ、ダメ!と言うと

「いやだ~!草、食べるんだ~!」
080702-5


と引っ張り返してきますが、私も負けません。
そして、今日もリュウがずっと気にしているテニスコート付近の生垣から離れたところを歩きました。
でも、それに気づいたリュウ、時々そちらの方へ行こうとしていました。

「ボク、あっちに行きたいな~」
080702-6


私は行きたくないな~!

「なんでですかムカッ
080702-7


リュウ、すっかりむくれ顔でした。

でも、公園を一周終わるころにはすっかりご機嫌も直っていて、帰り道はいつものコースではなく、またしても自分で選んだコースを歩いたリュウ。

「エヘヘへへ。帰りのみちは、ぼくが選んでもいい?」
080702-8


いいよ。どの道から帰るの?
・・・今まで通ったことのない道でした。
リュウは普段から、歩いていて知らない道を曲がったりすると、とっても嬉しそうに私の顔を見上げます。好奇心が旺盛なのかもしれません。
それから、若い女性が大好きで、何もかも忘れてついていきそうになるようです。(つよさんも言ってました・・・)

歩いたことのなかった道を歩いて、途中から畑と畑のあいだの道に入って家に向かいました。

080702-9


と思ったら、突然立ち止まるリュウ。

「ボク、まだ帰りたくない!」
080702-10


な、なんで~?
そんなこと言わないで、早く帰ろうよ。

「い~や~で~すぅ~!!!」
080702-11


完璧にスタックしてしまいました汗

時間があったら、もっとブラブラしてあげたいけど、リュウ、今日も忙しいのよ。
それにちょっと暑くなってきたし。早く帰ろう。

無理矢理引っ張って帰ってきました。

玄関でいつものようにリュウの足を拭いていたら、途中でどこからともなく、すごい物音が聞こえてきました。
キュルッキュル、キュルキュルキュル~!!!
な、なんの音?お隣さんかしら・・・
キュルキュルキュル、キュル~!!!

びっくり

慌てて、リュウのお腹に耳をくっつけました。
やっぱり・・・
音の出処はリュウのお腹でした。

ひょっとして、下痢?
さっき、帰りたくないって引っ張っていたのは、うんぴーがしたかったから?

そう思って、慌ててリュウを連れて外へ飛び出しました。
リュウは、お腹が痛いハズなのに、嬉しそうにピョンピョン飛び跳ねながら走っていました。

いつもは私の横を歩くリュウが、私を引っ張るように行きついた場所は遊歩道の脇の原っぱ。

リュウ、片っ端から草を食べ始めました。
080702-12


ちゃんと選んで草を食べています。
私もここで観念して、リュウが草を食べるのをじっと見ていました。
リュウのお腹がこんな風になったのは、何も今日が初めてではないだろう。
きっと、今までもリュウはこうして草を食べて対処してきたに違いない。
その結果がどうなのか、私は知りたいと思いました。

リュウは、黙々と草を食べ続けていました。
080702-13


すごい勢いで食べ続けていました。
080702-14


ひとしきり食べ終えるまで、私はじっとそれを見ていました。
リュウが食べた草に、変なおしっことか、そんなものがかかっていませんように・・・

リュウは草を食べるだけ食べると、なにごともなかったかのように、また家に向かって歩き出しました。
なにごともなかったかのように、というより、大喜びで。歩きながら、リードをガジガジとかじっていました。

「わ~い、わ~い、わ~い♪」
080702-15


草を食べられたのが、そんなに嬉しかったの?
私は家でリュウが吐くのを覚悟しながら、リュウと一緒に家に向かったのでした。





スポンサーサイト
  1. 2008/07/02(水) 10:31:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<2008年7月2日水曜日 昼~午後 | ホーム | 2008年7月1日火曜日 朝~夜>>

コメント

そっかぁ^^;
リュウは強情っぱりでどうしても草が食べたかったのよね^^;
でもいいよね。マニュアル通りに生きるなんてつまらないものね。しかもまゆさんがちゃんと見張っててくれるから大丈夫なのよね!うふふ。

うちも昨日ドックランのくさっぱをべべがむさぼってました(爆)。
リードしていないから(ドックランだから)制御不能で、吐くかとひやひやしていましたが、大丈夫でした^^
ほっ。
  1. 2008/07/07(月) 20:55:23 |
  2. URL |
  3. ハハ #-
  4. [ 編集]

ハハさま

リュウは、土手にいるときに、いつもそうやって胃腸のケアをしていたのかな~なんて思ったのですが、本当のところはどうなのでしょうね。

ベベちゃん、その後いかがですか?
ブログを拝読する限りではお元気そうなので、私も安心していますが。
いつまでも健やかでありますよう、お祈りしています!
あのお茶目さんなベベちゃんに、また会いたいです。
  1. 2008/07/15(火) 15:31:54 |
  2. URL |
  3. リュウ #NL852uQM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu020303.blog19.fc2.com/tb.php/89-2b5ee807
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)