つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

2009年11月6日金曜日 朝~夜

悲しい報せ

まゆです。こんにちは。

お散歩出発前のリュウ。

091106-1

玄関を出たところで、ひと足先に家を出たつよさんがバイクでぐるりと回ってきたところの遭遇。

091106-2

でも、もう前のように追いかけたりはしなくなりました。

「いってらっしゃいです」
091106-3

今日はつよさんを見送った道をまっすぐ行って、うさかめ公園の通りを曲がりました。
公園の手前の空地には立ち寄ったのですが、公園には入らず。

091106-4

商店街に出るとお巡りさんが道行く人に朝の挨拶をしているところでした。
リュウもご挨拶。

091106-5

そのまま商店街をまっすぐ。
そういえば、このコースは久し振りだね。

091106-6

公園にやってきたのですが、ほんの少しクンクンをしただけで、ほとんどただ通り抜けたというだけでした。

091106-7

その代わり、公園の裏の通りの角にある空地に立ち寄りました。
ここに立ち寄るなんて、1年振りとか?

091106-8

お目当ての原っぱ駐車場へ行く途中、それほど広い道ではないところで、向こうから黒ラブちゃんがやってきました。
リュウはラブちゃん全般、あまり得意ではありません。
大丈夫な子もいるけれど、用心に越したことはないわ。
アパートの通路に入らせてもらって、黒ラブちゃんをやり過ごしました。

091106-9

リュウ、ガウらずに済みました。よかった、よかった。
そして無事原っぱ駐車場にやってきました。

091106-10

原っぱ駐車場はリュウのうんぴー場所なので、ウロウロするに任せてそのうちうんぴーをするだろうと思っていたのですが、全然その気配がありませんでした。

091106-11

それでもまだウロウロするリュウ。
そこへウルフくんがやってきました!

091106-12

いつもお母さんとお散歩をしている姿しか見たことなかったけれど、今日はおじいちゃんと一緒のようです。
挨拶をして「ウルフくん、お友達なんです」とおじいちゃんに言ってから、ウルフくんに「おはよう~。今日はおかあさんとじゃないのね」と言いました。
リュウもウルフくんとご挨拶。

091106-13

お互い、そう遠くもない場所で思い思いにクンクンしていたのですが、急にウルフくんのおじいちゃんが話しかけてきました。
「ワンワンパトロールには入ってますか?」
「いえ、入ってないんですよ・・・」
「そうですか・・・書記をやってたんですけどねえ。ダメになっちゃってねえ。それでこの子がうちに来ちゃったもんだから、困っちゃってねえ」

ん?何のこと?

少ししてまたおじいちゃんが言いました。
「58歳だったんだけどねえ」
「えっ?どなたか、亡くなったんですか?」と驚いて聞きました。
「うん。これのおかあさん」

えっ?誰?と、一瞬頭の中が真っ白になりました。

「えっ?ウルフくんの、おかあさん?・・・」
「うん、そう」
「ウルちゃんのおかあさん、死んじゃったの?」
「うん、そう」
「娘さんですか?」
「うん・・・」

びっくりして、信じられなくて、でも涙が出てきました。
いつもリュウのことをかわいがってくれて、ウルフくんのおもちゃを貸してくれたウルママ。
最後に会ったのは、いつだったろう。1ヶ月ちょっと前くらいかな・・・
あのときも、リュウにおもちゃを貸してくれたんだったっけ。

1ヶ月ほど前に大腸癌だとわかり、1週間前に具合が急に悪くなり、ご自分で救急車を呼んで病院に行き、それっきりだったと。
亡くなって今日で1週間ちょっとということでした。

ウルママ・・・
悲しいよ。悲しすぎるよ。
リュウのこと、かわいがってくださって、どうもありがとう。
ご冥福をお祈りします。

ウルフくんはおじいちゃんと先に駐車場を出て行ってしまいました。
リュウは何か感じるところがあったのか、じーっとその姿を目で追っていました。

091106-14

気を取り直してリュウと教会横の公園に行きました。
リュウが元気に走ろうというので、ふたりで走りまくりました。

091106-15

満足して鼻を膨らましながら歩くリュウ。

091106-16

公園を出て少し行くと、花の小路ガーデンで反対側から来たシュナちゃんに会いました。
シュナちゃんのお父さんも、ウルフくんのおかあさんの話をゴクウくんのおかあさんから聞いたそうです。
「まだ若いのにね」って。

091106-17

リュウはウルフくんたちと一緒に過ごすのが楽しいらしく、ワン太くん公園へ行くと、どうやらみんなを待っているような素振りがあるのです。
でも、もうウルフくんとあの公園で遊ぶことはないかもしれないね。
ウルフくん、大丈夫かな。ちゃんと大事にかわいがってもらえるかな。

シュナちゃんと別れて、ポケット広場の入口でクンクンするリュウを見ながら、そんなことを考えていました。

091106-18

家に帰ってきたけれど、どうにもこうにも、気持ちの持って行き場がなく、ただただ悲しい。

091106-19

ごはんを食べ終えて、どうしようもなく、凛ちゃんのママさんに電話をかけました。
私と同じように悲しんで、ウルフくんのことを心配してくださったので、少し気持ちが落ち着いた感じ。
凛ちゃんママさん、どうもありがとうね。

さて、今日は夕方からSさんの追悼会の打合せで海岸オフィスへ行かねばだったので、夕ごはんの支度をしたり、何やかやバタバタとしていました。

つまらなそうなリュウ。

091106-20

リュウ、あと少しでつよさんが帰ってくるって。
だからそれまで、ちょっぴりお留守番をお願いね。

091106-21

リュウは帰ってきたつよさんとお散歩に。
ブルーベリー畑の脇で蹴り飛ばし。

091106-22

草むらにやってきたようです。

091106-23

リュウ、何を見ているのかな?

091106-24

この写真があるということは、どうやら草むらで走ったようです。

091106-25

うんぴーはせずに、もう帰るって。

091106-26

打合せが終わって帰宅すると、リュウとつよさんはお布団に入っていました。
リュウ、ちょっぴり怒ってる?

「だって、おそいですよムカッ
091106-27

今だけだから、許してね。
今日もリュウに顔をいっぱい舐められながら眠りについた私なのでした。




スポンサーサイト
  1. 2009/11/06(金) 23:21:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2009年11月7日土曜日 朝~夜 | ホーム | 2009年11月5日木曜日 朝~夜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu020303.blog19.fc2.com/tb.php/907-db8df66f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)